出逢いからの時系列③  

出逢いからの時系列①

出逢いからの時系列②

 

のつづきです。(定期的に加筆修正することがあります)

 

2016年6月

この月、誕生日を迎えてから全く心境が変わりました。この日を境に、ツインソウルの統合や魂の再開について、今後生涯この事について携わって行くと決めたのです。

その日から 毎日瞑想でお祈りをしています。 この心境に至ったのは、前ブログでも記録しましたが 「なぜか涙が溢れる」 カテゴリに書いたように、自分では抑制できない、歓喜としか思えない涙が毎日滝のように流れていたからなのです。それは毎日です。

今まで辛いこと悲しい事でしか毎日泣く事なんてありませんでした。この魂の出会いの喜びに一生関わっていかなくてはと思ったのです。

 

 

 

 

2016年7月~

上記の決意を書いたところ、すぐにこんなメッセージが送られてきました。 ←こちらの記事の「7月7日からの出来事から」のメッセージです

すると、すぐに 14年間人と交流していなかった14歳年上の既婚女性から、励ましのメッセージが届きました。私も、人を避けていたため友達と呼べる人がいませんでした。それが、毎日メールのやり取りを1日数通するようになったのです。(11月現在もです)

主にずっとしたいと思っていた、「心の世界」の事です。 ブログ開設1か月後くらいからずっと見ていてくださったようです。

このことで、年齢差や、婚姻の有無、人付き合いが苦手等に魂のつながりは全く関係ないのだとわかりました。まるで同い年のような感覚なのです。こんな不思議な出来事を経験し、ますます「魂のつながり」の事に興味深々な現在です。

(追記  そのあと2017年に お久しぶりです 統合とは?さまよりメッセージを頂きました )

2017年2月4日(土) (水瓶座の月)

昨日、急に天からのメッセージが降りてきて、「魂全体の事を探究していくブログにしたほうがいいですよ。」という忠告を受け、ブログタイトルを「ツインソウル *魂の再会 ゆうごう*」から 「魂を探究するブログ」に変更しました。新しい流れが始まっています。

 

~~~~~~ここから9月8日更新分~~~~~~~~

2017年9月

思いもよらなかったことから体調を崩し、子供のころからなぜか住みたいと思っていた神奈川県に行き10年住み続けた一人暮らしをやめ、実家で療養することになりました。そこに行かなかったら相手に見つけてもらうこともできなかったので、やはり好きな場所に行くという行動を起こしてよかったです。

しかし、実家に帰ってきて思うことはやはり実家の土地はなにもかも私には合わないということでした。

話す言葉や、人々のしぐさがいちいち合わなくて、孤独感を感じてしまいす。やはり大好きだった神奈川県に戻りたい。

この病気を治してからでないとそのようなことができないのがとても悔しくてなりません。

今後どうなるかわかりませんが闘病日記とともにまだまだこの記録を続けていきたいと思います。

そして不思議なことに、毎日闘病中でもこのブログにコメント頂いた方やメールのやり取りをさせていただいた方の顔(勝手に想像しています 笑)が浮かんできてそれが毎日の励みになっているのです。みなさまありがとうございます。毎日力にさせていただいております。

 

共感頂きましたらこのバナーをポチッとしていただけると嬉しいです   にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ