月別アーカイブ: 2018年6月

真の弱者の味方になれる人たちへ

 

 

 

こんんちは!

関東甲信越地方が梅雨明けしたそうですね。このところでは一番早い梅雨明けだとか。

 

梅雨明けと言えば夏休みに入る7月21日ごろというイメージがあるので本当に早いですね!心もカラッとできそうで関東地方の方うらやましいです。梅雨が明ける時期って本当に心まで晴れていく気がします。

 

この前太宰治に関する番組を見てました。

 

色々ある人生だったようですが、実家からも勘当され、お金もなく精神病院の閉鎖病棟にも入れられ、どん底の絶望を迎えていました。

 

しかし、そこから太宰は、この辛さを文字であらわしていこうと思い、HUMAN LOST のちの人間失格となるものを書き始めたようです。

 

「人間失格」というと今でもとても日本の方に愛されている書物です。今でも売れ行きがすごいと聞きました。

その太宰が

 

「教養人ってどんな人かわかるか? 学問のある人をみんな教養人と言うんじゃないんだよ。 人のつらさに敏感である。 そういう人を本当の教養人と言うんだよ」

 

と言ったと言います。

私はなるほどな~。こんなことを言える方だから、今の日本でも熱狂的に愛されているのだろうな。。。と思ったのです。

 

別にどこどこの大学に入って、優秀であることが教養があるわけではなく、人の辛さに敏感であることが

本当に教養があるということ。

そこでゲストの方が

太宰は真の弱者の味方である

 

 

とおっしゃっていました。とても辛い体験をしたために人の辛さにも人一倍敏感になれたのだと思います。

 

 

私も、色々な経験をしまして、生きる上で最も重要なことは、どんな家に住むか、どんな煌びやかな生活をするかなどではなく、本当に弱者の味方になれる人でありたい。

 

心からそう思ったのです。

 

 

今日もよい1日をお過ごしくださいね

 

いつもありがとうございます。ポチッとしていただけると嬉しいですにほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ