月別アーカイブ: 2018年10月

秋を感じる一番のこと

 

 

こんにちは。

早いもので、もう10月になってしまいましたね。約1か月もブログを更新していませんでした。

 

この頃本当に、時間のスピードがわからなくなってきています。私としてはブログ更新2週間ぶりくらいかしら?と思っていたのです。

 

その間にすっかり「秋」になってしまいました。

 

秋と言えば、食欲の秋、読書の秋、芸術の秋、などなど色々な事が思い浮かびます。

 

私は子供のころから秋になったなぁ~と一番に感じるものがあります。

 

それは「匂い」です。

 

どこからともなく、キンモクセイの香りがふわっと流れてくると、なんだかどっぷり秋に浸ってしまうのです。

 

あの香りがなんともいえなく好きで、一番好きな季節=秋=金木犀 と体に染みついているのかもしれません。

 

そんななか、9月は例年になく雨の日が多く 星空も見えない日々が多かったのですが、最近また夜は星を眺めながら歩いてます。

 

夏に一番好きだった「スピカ」という一等星の明るい星がとうとう見えなくなってしまいました。

スピカと同じくらい好きだった「アクトゥルス」という星は、夏にはそれなりに輝いていたのですが、今の季節は「キラキラ」と点滅しているようで独特な輝き方をしてます。

 

そして、一等星の3つしか見づらかった、「カシオペア座」は今5つのW(ダブル)がすべてキレイに見て見頃です。

秋の四辺形「ペガサス」も見ごろになっていて、空を見上げると四角形がとてもよくわかるようになってきました。

大好きだった「スピカ」は見えなくなったけど、新しい星たち、秋の星たちが見えてきた喜びもあって、毎日星を見るのが本当に楽しみなのです。

 

昨日も母と会話していました。昨日の星空は、ここ1か月で一番くらいの満面の星空だったのです。

「本当に、自然のものが一番キレイだね~、自然の美しさを感じられるってうれしいね」 「プラネタリウムではこんな感動はないものね」

「この前テレビでノーベル賞をとった頭のいい人たち、子供のころ、星や宇宙の事をとてもよく知っている人が多いといっていたよ。やっぱり一番身近にある、お金もかからなくて色々覚えられるものが星や宇宙らしいね」

「へ~、そうなんだ。私は子供のころは星にはそれほど興味がなかったからやっぱりね(笑)」

プラネタリウムもそれはそれは多くの星たちがきらめいていますが、天然の星空の方が胸にくるものが1000倍ほど違うと私は感じてしまいます。

母とこのような会話ができる今の生活がとても嬉しいのもあります。あと何年生きられるのかわからない老齢の身なので、まるで小学生とその母親のような会話に違和感があるかもしれませんが、こんな会話を母としているという事に感謝できるのです。

みなさまは、何に一番「秋」を感じますか?

本日もよい一日になりますように

いつもありがとうございます。ポチッとしていただけると嬉しいですにほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ

*後から 満面の星空じゃなくて、満天だったわと気づいたのですが、気持ち的には満面がしっくりくるので、言葉的には間違っているかもしれませんが、そのままにしておきます*