2019年は12年に一度の開運期 今から12年前の事を思い出す・・

 

 

 

こんにちは。

2019年はいて座が木星に入るため12年に一度の開運の年だそうです。

 

そこで、12年前も本当に開運だったのかな?と思い出してみました。

 

私の場合、やはり12年前に、突如思いたって、今まで住んでいた場所から、何一つゆかりのない 子供のころから住みたかった場所に直感で知り合いも誰も一人いない土地に一人で移り住んだ年が12年前でした。

そこから、運命がガラリと変わったのでやはり本当に開運の年でありました。

 

こういうのって思い返してみると当たっている物なのですねぇ。。。

 

来年は12年に一度またそのような開運の年ということで、今からワクワしています。

 

今年は、病が寛解した年でもありました。自分が思っていたよりもこんなに早く身体の状態が良くなるなんて、やはり奇跡が起こったとしか思えません。もうほぼ普通に過ごせるようになり、今度はどこに住もうか、それともまだまだ母と過ごす時間をしばらく続けようかと、択一できるできるまでになりました。

本当に今考えれば、ずっと元気な体のままでいたとしたら、両親があの世へいくまでに一度も実家に戻ることなく、遠い場所で過ごしていたかも知れません。もう一度大好きな母と強制的にでも暮らせるようになったのは、病というものがきっかけで、神様が与えてくれた時間だったのです。

そして今また新たにどうするのか、自分が選択できる状況になっています。

案外、毎日誰かが家に居て、ずっと会話しているという生活もよいものだなぁ。と思い始めています。

私は今まで結婚というものにまったく興味がなかったのですが、案外人と暮らすのも悪くないかも。と思い始めています。

人の気持ちっていつどんなふうに変わるのかはわかりません。いままでずっと一人が居心地がよくて、一人暮らし以外考えられない、と思っていた私ですが、毎日会話をしながらごはんを食べるのって結構楽しいなぁと思ったのです。

みなさまも、来年の12年に一度の開運期に何か思いもよらぬことが起こるかもしれませんね。

yjimagekaiunki

本日もお読みいただきありがとうございます。

いつもありがとうございます。ポチッとしていただけると嬉しいですにほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ