不幸中の幸いの出来事

 

 

こんにちは。

 

今日も起きたら雪がさらに積もっていました。さすがに寒すぎて、太陽が恋しいです。

 

昨日、高いところの掃除をするのに、脚立に乗って作業をしていると、不安定になり、落下してしまいました。高さは1.5~2Mのところなので大事には至りませんでしたが、骨盤あたりを強打してしまい、しばらく激痛との戦いでした。

こんな年末に、転落するなんてなんて縁起が悪いのかしら。と思い、少し気持ちが下がりました。

しかし、今までだとこのまま落ち込んだまま終わるのですが、昨日は

 

そうだ!あんなところから転落して、すぐに動けるくらいの軽い事故だったんだから、これは逆に縁起が良いことだったんだ。と思い直しました。足腰が弱かったり、もう少しお年を召している方だったら、骨折などの重大事故になっていたかもしれない。転落しても、普通に歩けることができるのはラッキーだったな。と 昨日の夜のありがとうワークの一つにしたのです。

あんなところから転落しても、重要な頭や首などに一つも傷ができずに守ってくださって、ありがとうございます。と言っていると、本当に不幸中の幸いだったなぁ。と思えました。

また、私はせっかちにせかせかと動くものだから、もう少し余裕をもって行動してみるといいかもよ。と天が知らせてくれたのではないかな?とも思いました。

毎日生きていると、次から次へと、少しの不幸から、重大な事故までさまざまに起こりますが 一つ一つの行動をもっと丁寧にしていかないと、私の場合も重大事故になる恐れがあると気付きました。

 

紙一重。なんて言葉がありますが、すべて起こっている出来事は紙一重なのかもしれませんね。しかし、その紙一枚程度のことで運命が悪い方に変わっては、身もふたもありません。

年末に神様がこのような形で気づきを下さって、ちょっとほっとしています。

今日も素敵な1日をお過ごしくださいね。

本日もお読みいただきありがとうございます。

いつもありがとうございます。ポチッとしていただけると嬉しいですにほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ