カテゴリー別アーカイブ: ツインソウルは陰陽の関係

本音をさらけ出すほど共感されやすい世の中

 

私は最近共感したことがらについてたくさん書きましたが、一見、マイナスに思える事をさらけ出す方が、同じことを感じている方から共感を得やすいという事が、ますますこの時代は加速しているのだと感じています。

 

また、嘘や、つじつまが合わない事に対してもそれを修正するような事が起こることが加速していると感じています。

 

「きみに読む物語」に関しても、なぜあそこまで人々を感動させ、ヒットの映画になったのか?

あの映画が例えば、出逢ってすぐに結ばれていて、何不自由ない暮らしをしている映画だったとしたら、そこまでヒットしたのかといえば、それはそうは思えません。

 

何故か人は引き離されるという事が好きな生き物なのか?と思ってしまうほど、試練の連続で、それを乗り越えてのハッピーエンドだからこそ人々の胸を打ったのではないか?と思えます。

 

日本では昔から「おしん」のように耐え忍ぶ物語が高視聴率を稼ぐなど、どこか試練があるものに対しての共感というものが多いのかなと思います。

 

それを乗り越えた後の喜び、というのは計り知れないと想像できますから。

 

闇があるからこそ光を感じられる。

陰があるから陽を感じられる。

 

どこかすべて2極性の延長なのかな?と思ってしまいます。

 

私も、ツインに出会うまでは、誰にも興味がわかなかった、誰ともお付き合いという事をしたいと思えなかった、したことがなかった、とさらけ出してしまいましたが、それは恥ずべきことではなくいと今思えます。

逆に、今はそれで良かったとさえも思えます。自分のまっさらの身体を大切にできていた事。

その状態でツインを向き合えることがとても愛おしいです。

なので、食べ物に気を使ったり、肌の手入れをきちんとしてみたり、良い状態を保てるように日々過ごせているのかな。と思います。

 

本当に食って大切ですよね。自分を大切にできる=相手も大切にできる なので日々の暮らしを丁寧にしていくのが今の目標です。

 ツインソウルについての情報をありがとうございます。
押していただけると嬉しいです   にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ