カテゴリー別アーカイブ: 何故か涙が溢れる

オリオン座が姿を見せてきていよいよ冬の始まりを感じます

 

 

こんにちは。

今日は、部屋の気温が7度まで下がり本当に凍えるような寒さでした。

 

私はこの1年ほど、夜に毎日のように星を眺めています。人生で星に興味をもったのが人生も折り返し地点に入ってからというのもなんとも不思議です。

今まで星にそれほど興味がなかったので、四季に応じてこんなにもメインになる星たちがあるなんて初めて知りました。 春はスピカやアークトゥルスなど、夏は大三角形、秋はペガサスなど本当に物語のようになっていてとても楽しめました。

そして、3~4日前くらいから、私の住む地域では オリオン座が姿をあらわしてきました。まだまだ出始めで私の見ている時間帯は形がいびつなのですが、これから天高くに上ってオリオン座のあのはっきりした綺麗な形が整うようでとても楽しみです。

山のふもとから出てくるのその瞬間に立ち合えるのです。

 

yjimageorion

冬の澄み切った空に浮かんでいる星は、まるで宝石箱をひっくりかえしたようで、昨日もウォーキングの途中に何度も立ち止まり、空を眺めては、ため息をついてました。あまりに綺麗すぎてです。

 

おおげさではなく、「わぁああああああ。」という感嘆の声が何度も出ていました。

田舎暮らしに戻り、何が一番良いか?と問われると、この大自然の中に浮かび上がる夜の星空です。他は正直あまり思いつきません 笑

周りに明かりがあまりないので本当に宝石のようにキラキラしているんです。そういえば都市部に住んでいた時、こんなに星を見てため息が出たことはなかったんです。こんなにも周りに明かりがあるのとないのでは星の見え方が違うのかと驚きがいっぱいです。都市部の壮大な夜景はそれはそれは綺麗ですが、田舎の星空にはかないません。

私は今この天然の恵みを毎日眺められ、なんと幸せな事でしょう。と噛みしめています。

この夜空は、私たちが生まれる何千年も前から同じ星空が毎日見えていて、きっと私たちの肉体がなくなった後も何億年と同じ景色が見えるのです。そう考えると、あの星たちに毎日見下ろされていて、自分がなんともちっぽけなものに思えてきて、涙が出そうになります。私はいったい何者だろうか?そんなことを考えてしまう、昨日の夜空は格別でした。

オリオン座って何かの形を圧縮したみたいに見える星なので目立ちますが、本当にこれからの季節オリオン座を毎日眺めるのが楽しみで仕方ありません。何もない田舎ですが、こんなことを毎日感じられるとは、贅沢なのかもしれない。と この生活をしばらく楽しもうと思ったのです。やはりひとつの場所に暮らすのではなく、色々な所で暮らしてみるというのは良いのかもしれません。

スマホの画面も色々な情報がわかって楽しいですが、やっぱり私は自然の恵みのほうが合っているのかも、、、

天気の良い日は一度星空を眺めてみてはいかがでしょうか?心があらわれる感じがします。

人生も半ばに差し掛かり、今一生懸命星の名前を覚えている時間がとても大好きです。

本日もお読みいただきありがとうございます。

いつもありがとうございます。ポチッとしていただけると嬉しいですにほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ