カテゴリー別アーカイブ: 性エネルギー

禁欲 性エネルギーのインドの思想

 

前の記事でも書きましたが、私の身体の中にとてつもない細胞一つ一つで感じる膨大な多幸感、性エネルギーがあります。それは 快楽物質のそれとほぼ同じなのでは?と思うような膨大なものです。

 

インドに古くからある思想で(とても膨大な量があるので一部抜粋します)

「禁欲に徹する者は、精力を得る。」「禁欲つまり独身生活を確立することで、われわれはエネルギーを保存する。」「精液は脳と神経に力とスタミナを与える。神経衰弱はスタミナが流出して不足するから起こるのだ。」「精液はわれわれの生命である。それは正しく保存されると多大なエネルギーをもたらす。それは身体に吸収されるとプラーナに変わる。」「女性においても、保存された性エネルギーはプラーナに変わる。真に人々を助け、良い人間関係を作ることを可能にしてくれるのは、この生命力である。」「禁欲を守ることによってわれわれは肉体的なエネルギーだけでなく、心的・道徳的な、そして最終的には霊的なエネルギーを保存することになる。」「保存された性エネルギーは「オージャス」と呼ばれる精妙なエネルギーに変わる。これは人格的な磁気のようなものである。それが人格全体を調整し、神経を鍛え、頭脳の力を増して、心を穏やかにする。」スワミ・サッチダーナンダ

 

これを見ていて思ったのは、自分の中にあるこの膨大なエネルギーは純潔を保っていて、それが保存されているから、それらの貯蓄がプラーナに変わっているのではないか?という事が腑におちたのです。

しかし、ツインソウルと出逢うまではこの膨大なエネルギーを私は感じた事がありません。何かのスイッチがオンになってここ7年くらいずっとこのエネルギーが底から沸いてくるのです。

強烈なのはツインと一度手を触れた3年前からなので、その時にスイッチが入ったのかもしれません。

私には相手からのエネルギーをもらっている体感がずっとあったのですがもしかしたら、それは自分で作りだしているエネルギーでもあるのかもしれません。でも、ツインと出逢う前はそのようなエネルギーを一度も感じが事がないので、これはどういうことなのか?と自分でもとても不思議なのですよね。

 

相手のスイッチが入ってからこのようなものを体感したので、私の中ではやはり、相手の存在がとても大切なことだと思っています。

 

こういうものが何年も永く続くというのは、このインドの思想が私にピッタリと当てはまります。むやみやたらに、誰とでも関係をもつというのはやっぱりエネルギー的にもあまりよくないのかもしれませんね。やはり魂が揺さぶられる、たった一人の人との関係を大切にするということが大切かと思います。

共感頂きましたらこのバナーをポチッとしていただけると嬉しいです   にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ